大河の日日

「大河ドラマ」の感想・思い出と「城めぐり」や「街道歩き」の紀行文

Archive [2012年07月 ] 記事一覧

中国大返し旅:津山城

岡山から1時間ばかりローカル線を乗り継いで「津山」という中国山脈の盆地へやって参りました。城下町に入る「今津屋橋」を渡りますが、何やら怪しげな雲行きです。今にも大粒の雨が降ってきそうですね。先を急ぎます。城への大手通りはノスタルジックな雰囲気で、いかにも老舗という店ばかりです。駅から15分ほど歩くと城の正面が見えてきます。あまり有名でない「森忠政」という武将の銅像があります。この方が津山城を最初に...

さりとてはの者

最近、火坂雅志さんの「墨染の鎧」という本を読みました。上下2冊で文庫本の方です。主人公は戦国末期に毛利家の外交僧として活躍し、僧侶でありながら秀吉に気に入られ戦国大名となり、最後は関ヶ原の合戦に毛利輝元を西軍の大将に担ぎ出し石田三成らと敗軍の将となった安国寺恵瓊の物語です。いかにも怪しげで謎の多い人物ですが、火坂さんがやっと小説の主人公にしてくれました。火坂さんは直江兼続や黒田如水とか参謀・軍師的...

甲信の旅:甲府城・武田神社

10:42発の電車で松本を立ち、12:44に甲府に到着。降っていた雨も運良く上がり、甲府駅の南口の「信玄公」がお出迎えしてくれました。目指すは駅のすぐ近くにある甲府城であります。信玄の「躑躅ケ崎館」は有名ですが、こちらは徳川時代の城。今は「舞鶴城公園」となっています。ここも明治維新では幕府方なので中央線が城の真ん中を通過する形になっています。維新の際土佐出身の官軍参謀:乾退助が甲斐を攻めるに当たり...

甲信の旅:松本城

本日は現存12天守のうち唯一残っていた国宝:松本城への登城です。胸が高鳴る中、朝8時にホテルを出立!生憎の雨ですが、梅雨時ですから仕方なか。松本城を訪れる前にお城の北側にある「開智学校」を散策。ここは現存する最古の小学校跡だそうです。朝早くて、まだ開いてなかったので外観だけ撮影。中央の塔が工事中ですね。さて開門時間が過ぎたので、松本城へ。赤い朱塗りの橋越しに見えてきました!「雨に煙る松本城」という...

ご案内

プロフィール

柴 銑次郎(通称しばせん)

Author:柴 銑次郎(通称しばせん)
大河ドラマ大好き。
小学生の時に第1作「花の生涯」を見てから、すでに半世紀。
日本のドラマ作りの執念が、作品1つ1つに凝縮されています。
リアルタイムに見続けた感動を後世に伝えるのが私の使命と信じています。

最新記事

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード