大河の日日

「大河ドラマ」の感想・思い出と「城めぐり」や「街道歩き」の紀行文

Archive [2012年06月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

甲信の旅:小諸城

次は上田から「しなの鉄道」で約15分の小諸へやってきました。目指す小諸城は駅のすぐ横、つまり城の入口付近を鉄道がぶった切っている状態です。こんなやり方をするのは、明治維新で幕府方についた藩に相違ありません。と思って調べたら、幕末の藩主はやはり譜代の牧野氏でありました。「懐古園」という看板がかかっている重文の「三の門」が入口です。この名称も旧幕時代を払拭するために名づけられたものでしょうね。この城は...

大河ドラマ検定

NHKのこういうページを見つけて、トライしてみました。⇒大河ドラマ検定結果は44/50問の正解でした。皆様も試してみてください。(間違えた問題)①「龍馬伝」のシーズンタイトルの最後は?②「風林火山」の山本勘助の眼帯数は?③本能寺の変でサーベルと鉄砲で戦った信長は誰?④「武蔵」の巌流島で使われた撮影手法の元ネタ映画は?⑤「義経」での壇ノ浦合戦シーンを彩ったモノは?⑥最も多く脚本を手がけた脚本家は?なかなか...

甲信の旅:上田城

梅雨の間隙をついて、信州・上田にやってきました。駅前で迎えてくれるのは真田幸村の騎馬像であります。目指すは上田城!上田城に向う途中のジグザクとした道に堀が残っています。三の丸にあった藩主の屋敷跡だそうです。石垣ではなく土塁になっていますね。重厚な造りの表門を見ると、なんと名門:上田高校の敷地となっています。大学時代の同級生にここの出身の人がいたので、早速写メしてあげました。その後、本人から「久しぶ...

ジギに等しい?

「平清盛」にあまり熱中できないので、どうしても過去の大河に目が行きがちです。最近、25年ぶりにある疑問が解消しました。87年「独眼竜政宗」での名シーン、大河ファン必見のシーンでのセリフです。政宗が小田原参陣に遅参し、秀吉に命を奪われるかもしれない場面で死装束で現れるヤツですね。このブログで何度も言っている政宗が秀吉に杖でバシッと叩かれる迫力満点の名シーンです。この日の撮影のために勝新:秀吉と渡辺謙...

伊勢の旅:伊勢神宮・田丸城・松阪城

今回の旅も話が長くなりましたので、最後はまとめてドンと三ヶ所を一挙に。小倉を出発し、名古屋に到着したのが夜の8時。いろんな用事を済ませて遅くなりました。そのまま横浜へ帰ればよかったのですが、1つだけ思案がありました。実は全国46都道府県を旅しているのですが、唯一行ってないのが三重県。そこで今回思いついたのが伊勢路の旅。これにて47都道府県完全踏破となります。先ずは伊勢神宮をお参りして、帰りに城をい...

九州の旅:福岡城

朝7時半に熊本のホテルを出立。今日はとても忙しくなりそうです。できるだけ車や新幹線・特急列車を使わず、徒歩がメインの旅ですからいつも駆け足です。行き先は熊本駅ではなく、九州を北上しますから徒歩で20分くらいの上熊本駅へ。予定では久留米で下車し、久留米城をめぐろうと思ってましたが北九州での用事ができたため省略。ダイレクトに博多へ向かいます。8:05の各駅停車に乗り込みましたが、平日でしたので通学の学...

ご案内

プロフィール

柴 銑次郎(通称しばせん)

Author:柴 銑次郎(通称しばせん)
大河ドラマ大好き。
小学生の時に第1作「花の生涯」を見てから、すでに半世紀。
日本のドラマ作りの執念が、作品1つ1つに凝縮されています。
リアルタイムに見続けた感動を後世に伝えるのが私の使命と信じています。

最新記事

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。