大河の日日

「大河ドラマ」の感想・思い出と「城めぐり」や「街道歩き」の紀行文

Archive [2011年06月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

八重の桜

2013年の大河「八重の桜」の制作発表がありました。それと同時に主役の新島八重には「綾瀬はるか」さんと決定したようです。朝日新聞などでは1週間くらい前にスクープされていましたが、やはり「火のない所に煙は・・・」で本当だったようですね。NHKも困ったでしょうね。因縁の朝日に書かれては、仕方なく急遽発表せざるをえなくなったのでしょう。さて、注目の脚本ですが「山本むつみ」さんという方のようです。過去の作...

白虎隊

今週は大河の総集編を離れて、「白虎隊」という86年に日本テレビ系で放送された作品のDVDを見てみました。これは日本テレビが年末の紅白歌合戦に対抗して、85年から制作した大型時代劇の第2作目であります。85年の「忠臣蔵」が第1作で、「白虎隊」の後は「田原坂」「五稜郭」「奇兵隊」「勝海舟」と幕末物が90年まで続いています。かなり大河とかち合う部分が多いですが、出演者は森繁久弥や里見浩太朗など主演クラス...

八代将軍吉宗

「新・平家物語」を返却に行った際に「八代将軍吉宗」の総集編を見つけてまたもや借りてみました。この作品はとても面白かったのですが、なぜか完全版のDVDが発売されてない作品です。翌年の「秀吉」とともに高視聴率だったにもかかわらず、ソフト化されないのが不思議でなりません。NHKさん早めの対応をお願いします。87年「独眼竜政宗」や2000年「葵徳川三代」と並ぶジェームス三木さん脚本の95年の放送です。やは...

新・平家物語

早速、「新・平家物語」のDVDを借りて観てみました。皆さんお若いですね。製作現場での葛藤や役者同士の戦いみたいなものを感じました。この作品は1972年ですから、大河が始まって10作目でなんと言うか勢いがあります。清盛役の仲代達矢さんも清盛の勢力が盛んになって行くのと同様に、役者として脂が乗って来ています。やはり、この方あの眼は悪役の方が似合いますね。総集編でしたので、サラサラーっと物語が流れて物足...

ご案内

プロフィール

柴 銑次郎(通称しばせん)

Author:柴 銑次郎(通称しばせん)
大河ドラマ大好き。
小学生の時に第1作「花の生涯」を見てから、すでに半世紀。
日本のドラマ作りの執念が、作品1つ1つに凝縮されています。
リアルタイムに見続けた感動を後世に伝えるのが私の使命と信じています。

最新記事

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。