大河の日日

「大河ドラマ」の感想・思い出と「城めぐり」や「街道歩き」の紀行文

Category [秀吉 ] 記事一覧

清須会議

三谷幸喜さんの新作映画「清須会議」のサイトを観ていて、ハタと気付きました。三谷さんがどうして大泉洋さんを秀吉役に抜擢したか?秀吉⇒ハゲねずみ(信長がつけた秀吉のあだ名)⇒ねずみ男⇒大泉洋きっと三谷さんの思考回路には映画「ゲゲゲの鬼太郎」があったのでは。実写版「鬼太郎」で大泉さんはネズミ男でしたもんね。映画が先か本が先か迷っているところです。...

さりとてはの者

最近、火坂雅志さんの「墨染の鎧」という本を読みました。上下2冊で文庫本の方です。主人公は戦国末期に毛利家の外交僧として活躍し、僧侶でありながら秀吉に気に入られ戦国大名となり、最後は関ヶ原の合戦に毛利輝元を西軍の大将に担ぎ出し石田三成らと敗軍の将となった安国寺恵瓊の物語です。いかにも怪しげで謎の多い人物ですが、火坂さんがやっと小説の主人公にしてくれました。火坂さんは直江兼続や黒田如水とか参謀・軍師的...

もう1度観てみたい秀吉

大河ドラマにおいて、「誰が秀吉を演じるか」がキーポイントである。というのが常々私の持論です。大河ドラマらしい大河ドラマは、入れ替わり立ち代わり主役・脇役が交錯する戦国絵巻。その中で、最も重要な役回りをするのが時代の寵児:秀吉なのです。さて、今回の「江」の秀吉:岸谷五朗さんはいかがなものでしょうか?「江」を引き立たせる道化役となり、あまり高い評価は得てないのではないでしょうか。過去の大河におけるナン...

二人の軍師

正月2日にテレビ東京系で「二人の軍師」という竹中半兵衛、黒田官兵衛を扱った作品をやってましたね。言わずと知れた豊臣秀吉の二大懐刀、半兵衛と官兵衛が主役のテレ東お得意の正月時代劇であります。夕方から午後11時頃までやっている7時間の大作ですから、とても付き合ってはいられませんでした。でもビデオで録画しておいたので、チビリチビリ見ながら楽しんでいます。今やっと半分くらい来たところです。ちなみに当ブログ...

秀吉の手紙

先日のNHK「歴史ヒストリア」で秀吉の手紙について考察していました。その中で秀吉の相手を口説くテクニックとして3つのことを上げていました。①自筆の手紙であることをにじませ、誠意を相手に伝える。②自分の正当性を声を大にして強調する。③時には、はったりやウソも方便として使う。司馬遼太郎さんも秀吉と龍馬の手紙には人間性が出ていて、歴史上の人物の中でこの二人が際立って面白い手紙を残しているとの評価でした。そうい...

ご案内

プロフィール

柴 銑次郎(通称しばせん)

Author:柴 銑次郎(通称しばせん)
大河ドラマ大好き。
小学生の時に第1作「花の生涯」を見てから、すでに半世紀。
日本のドラマ作りの執念が、作品1つ1つに凝縮されています。
リアルタイムに見続けた感動を後世に伝えるのが私の使命と信じています。

最新記事

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード