スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

石田三成

いよいよ「真田丸」でも関ヶ原が始まりますね。
石田三成役の山本耕史さん、なかなか頑張っています。好演ではないでしょうか。
今日は歴代の三成役を振り返ってみましょう。

65年「太閤記」・・・石坂浩二、知的な感じでやや頼りなさそうなところがありました。
78年「黄金の日日」・・・近藤正臣、爽やかな正義感タイプで大河中一番かも。「国盗り」の光秀と記憶が近藤いや混同。
81年「おんな太閤記」・・・宅麻伸、最近あんまり見かけませんがあまり記憶にない。子供の時は坂上忍が演じてたんだって!
83年「徳川家康」・・・寺田農、まあ主役が家康ですからどうしても敵役にならざるを得ない。とにかく暗かった。
87年「独眼流政宗」・・・奥田瑛二、こちらも敵役ですから策士策に溺れるといった雰囲気でした。
96年「秀吉」・・・真田広之、フットワークのよい三成でしたが、ちょっと鬱屈していて合っていなかった。足利尊氏の方がよかったかな。
00年「葵徳川三代」・・・江守徹、全体的に年齢層が高い配役だったのでベテランの三成という感じ。もっと勢いが欲しかった。

ということで、2000年以降の配役はあまりピンとこないので割愛します。
そうなると今回の山本耕二さんは結構いい線行っているということになりますね。
やはり歴代の石田三成を比べると、初期の頃の石坂さんや近藤さんが際立っていると感じるのは齢のせいでしょうか。

スポンサーサイト

2016/09/04 12:01 |真田丸COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

歴史秘話ヒストリア「天空の城」

昨日(7月8日)の夜8時からの「歴史秘話ヒストリア」で天空の城として「備中松山城」を取り上げていました。
この中で、以下の写真と同じ風景を見せて「どこかで見たことがありませんか?」と尋ねていました。
120106_133253.jpg

そう今年の大河ドラマ「真田丸」のオープニングバックに使われていたのです。
私が第1回目の放送を見て指摘していた内容がやっと証明され、「城めぐり」していてよかったと単純にうれしかったのであります。
その時の記事

この番組を見て、備中松山城のある高梁の市民が協力して城の復元に努力したことを知りました。
中でも中学生の男女たちが2kgもする瓦2万枚をあの険しい山頂に運び上げたことは感動的でした。
現存12天守のうち最も高いところにある「備中松山城」の雄姿を記憶に留めたいと思います。
(2012年1月訪問)
120106_140142.jpg

この時の訪問者は私1人でしたが、今は「天空の城」ブームで大勢の観光客が訪れているようです。

2016/07/09 09:47 |真田丸COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

「真田丸」始まる!

ついに1回目が放映されましたね。昨年は感じなかった大河を見るという「ワクワク感」がありました。
今回は主要登場人物の紹介という内容でしたが、主役の父である真田昌幸(草刈正雄)の存在が際立っていました。
30年前の「真田太平記」で信繁を演じた草刈さんですが、今回の昌幸役には並々ならぬ意気込みがあるのでしょう。
前半の主役は間違いなくこの人ですね。

物語は武田家の滅亡から始まりましたが、悲運の武将・武田勝頼役の平岳大さんがすごくピッタリの雰囲気でした。
何でそう感じるのかは番組中は分かりませんでしたが、終わってすぐに気付きました。
88年「武田信玄」で信玄(中井貴一)の父親である信虎役が平幹二郎さんでしたもんね。
この印象が強く残っていたのでしょう。
昨年訪れた新府城の様子を載せておきます。普請奉行に真田昌幸の名があります。
IMG_20150903_153555.jpg

それとオープニングに苔むした古い城郭が出てきましたが、あれは岡山の山中にある「備中松山城」でしょうね。
チラッと見えた天守や城壁が4年前に訪れた記憶と一致しました。
現存する12天守のうちの1つでもあります。
三の平櫓東土塀
二の丸より

2016/01/11 09:23 |真田丸COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

真田昌幸は草刈正雄かー!

来年の大河「真田丸」の主要な配役が発表されましたね。
注目の昌幸(真田信繁の父)役には大方の予想どうり草刈正雄さんに決定したようです。
私の予想はかつての「真田太平記」で信繁の兄:信幸を演じていた渡瀬恒彦さんかなと思っていたのですが、
ストレートに信繁を演じていた草刈さんを持ってきましたか。
草刈さんでは昌幸の深謀遠慮さを出し切れるかなという気持ちがあったからです。

草刈さんは二枚目で颯爽とした信繁(幸村)をカッコよく演じていましたが、一転して94年「花の乱」では主役:日野富子の兄で悪事をたくらむ日野勝光を強烈に演じきりました。
あれから20年も経ちましたから「真田太平記」の昌幸「丹波哲郎さん)ばりの凄みは出してくれるのでしょう。

そうそう兄の信幸には大泉洋さんだそうです。この方は器用な役者さんですね。
今放映中の朝ドラにも出ていますが、大河は「龍馬伝」でチラッと出ていたような。
三谷ワールドの映画「清須会議」で羽柴秀吉でしたから、その縁でのオファーでしょうか。
私の印象では映画「ゲゲゲの鬼太郎」でのネズミ男がハマッていたような気がします。

最近、清洲城にも行ってきましたしたので、その辺りのことは近日中にアップします。

2015/07/19 10:06 |真田丸COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

2016年大河は「真田丸」に

5月、6月はあちこち出かけたので旅行記ばかりでしたが、いつのまにか2016年の大河が決まっていましたね。
三谷幸喜さん脚本の「真田丸」だそうです。
もちろん主役は真田幸村(信繁)!でもなんで信繁ではなく「幸村」の方が有名なんでしょうかね。

そして幸村役には堺雅人さんに決定とのことです。
堺さんは去年「半沢直樹」でブレイクした旬の俳優さんですもんね。
他のキャストはまだ決まってませんが、父の昌幸や兄の信之が誰になるか興味があるところです。

私のヨミは昌幸には渡瀬恒彦さんなんて一瞬ひらめきました。
意外にも草刈正雄さんだったらどうしょう。ですね。
(この辺のネタは85年の「真田太平記」で信之役が渡瀬さんで幸村役が草刈さん。
ちなみに昌幸役は丹波哲郎さんでした。)
そして幸村が堺さんですから、信之役はほぼ香川照之さんで決まりではないでしょうかね。(半沢つながり)

草刈さんの幸村はカッコ良すぎて、やや違和感はありました。
幸村の画像なんかを見るとズングリとした冴えない中年風で、颯爽とした幸村とは違うタイプに感じます。
まあドラマですから、今回の堺さんもカッコよく演じてくれるのでしょう。


あっそれともう1つ。
今の「軍師 官兵衛」で徳川家康を誰がやるのかなと思っていたら、なんと寺尾聰さんですって。
73年「国盗り物語」で家康を演じていたから、なんと41年ぶりだそうです。
秀吉役の竹中直人さんが18年ぶりに同じ秀吉ですが、41年経ての同じ役は前代未聞でしょう。
「国盗り物語」の記憶は僅かながらありますが、斎藤道三(平幹二朗)、信長(高橋英樹)、光秀(近藤正臣)、秀吉(火野正平)ばかりで、家康(寺尾さん)の記憶は全く残っていません。

2014/07/03 21:56 |真田丸COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。