FC2ブログ
2018
09.26

群馬:岩櫃城

Category: 城めぐり
大河「真田丸」で有名になった群馬原町にある岩櫃(いわびつ)城へ行ってきました。
真田ブームが去った後の城跡はどうなっているのでしょうか?
大船から3時間の長丁場なので、高崎までリラックスできるグリーン車で向かいます。
IMG_20180924_080925.jpg 
更に高崎から1時間の吾妻線に乗り換えます。
今日は曇っていて赤城山は見ることができません。
IMG_20180924_110754.jpg
吾妻線は乗り心地のよくないロングシートでしたが、1箇所だけこういう座席がありました。
IMG_20180924_112421.jpg
草津の手前の「群馬原町」という駅で下車します。
IMG_20180924_114118.jpg
目指す岩櫃城までは徒歩1時間の道のりですが、登りなので大変そうです。
IMG_20180924_121301.jpg
ほー熊が出るのですか、注意しないといけませんね。
武器を持っていないのがやや不安です。
IMG_20180924_122702.jpg
20分ほど歩いて「東の木戸跡」という標識がありました。
ここからが城内なのでしょう。
IMG_20180924_123822.jpg
途中、遊水地があり平坦になっていて少し息をつきます。
IMG_20180924_123911.jpg
かなり大きな池のようで、この辺りの水源なのでしょう。
IMG_20180924_124230.jpg
おー遥か彼方に岩櫃山が見えてきました。あの中腹あたりが岩櫃城なのでしょうね。
IMG_20180924_124405.jpg
左手には「真田街道」と名付けられた隣の駅である郷原に抜ける間道があるようです。
IMG_20180924_124910.jpg
登り始めて40分で岩櫃城の入り口に到着です。
もう衣服は汗だくですが、休憩は我慢して本丸を目指します。
この後ろの方には案内所や駐車場なども整備されていて、ほとんどの方が車で来ているようです。
ちなみに徒歩での城攻めは本日は私1人だったのかも。
IMG_20180924_125725.jpg
大手道はもう無くなっているようで、登山用の尾根道を上がります。
IMG_20180924_125853.jpg
この辺りはかつての大手道のような雰囲気が残っています。
IMG_20180924_130030.jpg
山の中腹には「中城跡」という開けた場所がありました。
ここには館などがあったのでしょう。
IMG_20180924_130243.jpg
本来の道ではない、かなり険しい土塁のへこみ部分を登って行きます。
雨が降ったら滑って登れなかったことでしょう。
この辺りからやぶ蚊が増えてきて、はらうのに大変でした。
IMG_20180924_130437.jpg
登りきったところには最大の堀切があり、この上が本丸部分のようです。
IMG_20180924_130856.jpg
この土塁と堀切は見事ですね。
中世の山城の造りですが、難攻不落という感じです。
IMG_20180924_131025.jpg
さー最後の登りです。
IMG_20180924_131216.jpg
平らに開けた本丸へ到着です。1mくらいの段差がある2段構造になっています。
予定どうり丁度1時間かかりました。
IMG_20180924_131315.jpg
ここは真田の本拠地:上田から領地の沼田をつなぐ重要拠点だったのです。
いざという時には、ここに逃げ込めば当分の間はしのげることでしょう。
IMG_20180924_131418.jpg
本丸からは群馬原町の駅や途中の遊水地まで見渡せます。
こりゃー戦略的に見事な山城ですね。
武田氏が織田信長に対抗するために築いた「新府城」の造りと似てるような気がしました。
そうそう、あそこも真田昌幸の縄張りでしたもんね。
ゆくゆくは武田勝頼をここへ迎え入れる考えだったと言われています。
IMG_20180924_131544.jpg
そしてまたこの堀切がスゴイ!
この風景はまさに戦国そのものですね。
IMG_20180924_131755.jpg
下って行く途中の風景はのどかで、あの時代にもこの辺りで米とかの農作物を栽培していたことでしょう。
IMG_20180924_134355.jpg
途中の小高いところには岩櫃神社が祀られていましたが、ここも岩櫃城の出丸だったところです。
IMG_20180924_134646.jpg
そんなこんなで、群馬原町駅に戻りまた4時間かけて横浜に帰ってきました。おわり

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2018
07.12

姫路城

Category: 城めぐり
中国地方における水害の前に姫路に立ち寄る機会がありました。
姫路城の訪問はもう6回目かな。今回はいつもと違ったところから撮影してみました。
IMG_20180612_093145.jpg 
新幹線で通るたびに見る風景ですが、降り立ってみるとひとしおの感動です。
IMG_20180612_093126_BURST001_COVER.jpg
アーケードの商店街を抜けて、西側の方に回ったら見事な枡形虎口がありました。
IMG_20180612_095051.jpg
土塁で囲まれた上級武士の屋敷跡?でしょうか、右手は小学校の敷地になっています。
IMG_20180612_095155.jpg
小学校の先は広大な駐車場となっていて、観光バスが何台も停まれるようになっています。
IMG_20180612_095642.jpg
道路の向こうは堀と石垣に守られた西の丸であります。
IMG_20180612_100051.jpg
ズームアップすると白亜の天守がそびえ立っています。
IMG_20180612_100222.jpg
小天守を従えた連立天守の様子をご覧あれ!
IMG_20180612_100257.jpg
正面入り口の櫻門橋を越えての姫路城の雄姿であります。
IMG_20180612_100442.jpg
今回は撮影スポットである鯱に囲まれたショットも収めることができました。
IMG_20180612_100811.jpg

Comment:0  Trackback:0
2018
05.12

栃木:唐沢山城(後編)から館林城へ

Category: 城めぐり
さて、唐沢山城の主郭へ入城してみましょう。
先ずは三の丸方面へ行ってみます。
IMG_20180430_112745.jpg 
奥の方にはきれいな藤棚がありました。
IMG_20180430_112905.jpg
グルッと回り込むと本丸の下には見事な高石垣があります。
この組み方は江戸期のものではないでしょうか。
IMG_20180430_113021.jpg
二の丸へ通じる虎口であります。
IMG_20180430_113113.jpg
中はやや小ぶりな二の丸でありました。
IMG_20180430_113139.jpg
そしてこれが本丸に通じる階段と門であります。
本丸は藤原秀郷公をお祀りする唐沢山神社が鎮座してあります。
IMG_20180430_113252.jpg
こちらは本丸の先にあった出丸から佐野方面を望む風景です。
ここからは関東平野の先にある江戸の火事なども見えたといいます。
IMG_20180430_113944.jpg
本丸を右手に見ながら下って行くと、ここは馬の訓練などもしていた桜の馬場だったとの説明がありました。
IMG_20180430_114325.jpg
そして最初に分かれた「四つ目掘」のところに戻って来ました。
IMG_20180430_115147.jpg
最寄の田沼駅に戻ろうと思いますが、マイカー以外は徒歩しか交通手段がなさそうですね。
IMG_20180430_115754.jpg
2.5kmくらいなら山道を下って行きましょう。
IMG_20180430_115839.jpg
こんな道を歩くのは本日は私くらいしかいないようです。
IMG_20180430_120352.jpg
15分くらいで麓まで降りて来ました。
IMG_20180430_121338.jpg
さて、田沼駅から館林駅に戻ってきました。
ここは分福茶釜で有名な茂林寺もあるようですが、野球の巨人軍とも関係があるようです。
そういえば沢村栄治のことで茂林寺の合宿という話を聞いたことがあります。
IMG_20180430_135033.jpg
古い商家とマンションが同居する町並みがありました。
IMG_20180430_135549.jpg
20分ほど歩いて住宅街をぬけると、かつての館林城の黒門がありました。
IMG_20180430_142520.jpg
5代将軍の徳川綱吉を輩出した館林城もかつての面影はなく、広大な敷地は市庁舎・文化会館・公園に変わっていました。
IMG_20180430_142920.jpg
自然の堀である沼地には5月らしい鯉幟がはためいていました。
IMG_20180430_143528.jpg
広大な本丸部分は平地となっており、なんとなく「もったいないなー」という気持ちがしました。
左手奥には天守があったようです。
IMG_20180430_144825.jpg
そんなこんなで、館林駅からJR久喜駅へと向かい夕方には再び上野東京ラインで横浜に戻ってきました。
IMG_20180430_135003.jpg

Comment:0  Trackback:0
2018
05.04

栃木:唐沢山城(前編)

Category: 城めぐり
この連休にJRの「休日おでかけパス」(乗り放題で2760円)を使って、続100名城に指定された栃木県にある唐沢山城などを訪れてみました。
休日はグリーン車も安いので、大船から乗り込みましたがガラガラです。
IMG_20180430_074000.jpg 
2時間ほど乗車して、久喜駅で東武鉄道に乗り換えます。
やっぱりグリーン車は落ち着きますね。まだまだ乗っていたい気持ちでした。
IMG_20180430_093420.jpg
途中の館林駅で乗り換えて、佐野方面へ向かいます。
佐野を過ぎてから見えてきた山の上に唐沢山城があるようです。
IMG_20180430_104032.jpg
佐野線は2両のみのいかにもローカル線といった風情でした。
IMG_20180430_104218.jpg
こちらが最寄り駅の田沼というところです。
IMG_20180430_104409.jpg
鄙びた駅ながら駅前にタクシー会社があったので、時間短縮のためタクシーを利用して一路山頂に到着です。
やはり連休ですね。駐車場は満杯でした。
IMG_20180430_105523.jpg
さすが続100名城に選定された城。入り口の石垣で造られた枡形は立派なものです。
IMG_20180430_105623.jpg
入城してすぐに「天狗岩」との表示があります。行ってみましょう。
IMG_20180430_110220.jpg
タモリが見たら興味を持ちそうな大きな堆積岩がありました。
IMG_20180430_105852.jpg
櫓のような見張台があった場所のようです。
IMG_20180430_105959.jpg
全体図や見所を紹介している看板がありましたが、かなり規模の大きな山城だったようです。
藤原秀郷の流れをくむ佐野氏の居城で、あの上杉謙信の猛攻を幾度と無く退けた名城でもあります。
IMG_20180430_110412.jpg
「大炊の井」と名付けられた井戸には今でも満々と水をたたえていました。
IMG_20180430_110530.jpg
今では唐沢山神社となっている主郭部分へ行けるのはこの道だけのようです。
IMG_20180430_110603.jpg
こちらは三の丸の外側にある空堀と土塁です。
IMG_20180430_110707.jpg
すぐには本丸に突入せずに三の丸を回りこんで搦め手側を覗いてみましょう。
IMG_20180430_111340.jpg
奥の方の曲輪に行ってみると、案外広くて館などが建てられた場所がありました。
IMG_20180430_111502.jpg
更にその先は空堀となっていますが、まだ先に曲輪があるようです。
IMG_20180430_111612.jpg
ここが最先端の出丸のようです。
IMG_20180430_111647.jpg
主郭部に戻ってみると、土塁の上の方は石垣で固められています。
江戸期以前には関東に石垣の城はないと言われていますが、以前訪れた群馬の金山城も同じような造りでした。
近江の穴太衆(あのうしゅう)がいなくてもここ北関東では石垣の技術があったのかもしれません。
IMG_20180430_112310.jpg
搦め手側にも立派な石造りの門があり、ここから主郭部へ入城することにしましょう。
IMG_20180430_112414.jpg
見所が多いのでつづく・・・

Comment:0  Trackback:0
2018
04.29

伊豆の旅:河村城

Category: 城めぐり
江川邸から世界遺産の反射炉を回ろうかと思ったのですが、もう1つ行きたいお城があったので、
沼津に出て御殿場線に乗り換えました。
今日も車窓から富士山がきれいに見えます。
IMG_20180412_140642.jpg 
初めてここ山北駅で下車してみました。
ここは首都圏からも近くて、ローカル線を感じることのできる路線です。
IMG_20180412_144954.jpg
駅の反対側に回り込むと、いかにも登山道という道に出てきました。
この先に目指す河村城があります。
IMG_20180412_145703.jpg
手軽に行けるハイキングコースのようで、案内はちゃんとしてありますね。
IMG_20180412_150055.jpg
大して高い山ではなさそうですが、中高年には厳しい坂が続きます。
IMG_20180412_150521.jpg
延々と続くこの坂を見上げた時には少しひるむ気持ちが出ましたが、行かないわけにはいきません。
さあ、元気を出して登りましょう。
IMG_20180412_150827.jpg
土塁が見えてきたので、頂上は近いと思われます。
IMG_20180412_151136.jpg
城の命運を握る水の手もちゃんと用意されていますね。
IMG_20180412_151242.jpg
主郭と曲輪(くるわ)を分ける堀もきれいに復元されています。後で上から覗いてみましょう。
IMG_20180412_151247.jpg
本来の大手道ではなく、ハイキングコースとして造られた山道を登ったのできつかったけれど短時間で本丸にたどり着きました。
IMG_20180412_151602.jpg
ここは下の石に描かれている左側の主郭部分ですが、かなりの広がりを持つ山城だったのですね。
あまり有名ではない城ですが、掘り出し物のようなところで来てよかった。
IMG_20180412_151647.jpg
先ほどの堀を上から見てみると、北条氏特有の畝堀(うねぼり)でありました。
箱根にある山中城(100名城の1つ)と同じような形で、よく復元してあります。
IMG_20180412_151934.jpg
更に先の曲輪へ行ってみましょう。
この辺りには大きな館があったのではないでしょうか。
IMG_20180412_152859.jpg
またまた畝堀を越えて曲輪が続いています。
土橋でここはつながっていたようです。
IMG_20180412_153433.jpg
橋を渡ったところには現代の水の手である水道が完備されていたのにはビックリ。
公園として整備しているので当たり前なのかもしれませんが、山城の雰囲気には場違いな気もします。
IMG_20180412_153656.jpg
先ほどの土橋の下に降りてきて、畝堀を確認します。
土橋がコンクリート製なのが興ざめですね。
IMG_20180412_154007.jpg
菜の花の向こうには相模湾や小田原の町が望め、ここが北条氏の出城だったことが伺われます。
秀吉の北条攻めであえなく落城して、廃城になった歴史を感じる風景でもあります。
IMG_20180412_154407.jpg
さて帰りはハイキングコースではない本来の山道を下って行きましょう。
人が通った跡があれば、麓には行くことができるはずです。
IMG_20180412_155500.jpg
畑のあるところまで下りてくると、向こう側の山に東名高速が通り、川沿いには御殿場線が通る山北の町が見えてきました。
箱根の山を迂回するこのルートは、人も鉄道もアップダウンを回避できる自然の交通路だったようです。
IMG_20180412_155720.jpg
山の麓から河村城を見上げると、高低差はさほどなく天然の地形をうまく利用したモデル的な山城であったことが理解できました。
IMG_20180412_160527.jpg
伊豆の旅おわり。

Comment:0  Trackback:0
back-to-top