スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

東北の城下町を歩く:大館

由利本荘から秋田を経由して盛岡で1泊ます。
盛岡からは花輪線で3時間かけて大館へと向かいました。
途中、滝沢駅を過ぎたあたりでしょうか、岩手山の雄姿が車窓を横切りました。
IMG_20170627_101942.jpg

花輪線は終盤の南十和田駅でスイッチバックします。
その時写した車両です。東北のローカル線でよく使われるディーゼル車です。
対面式の2人掛けがあり、そこに座っていると何時間でもくつろげます。
IMG_20170627_114601.jpg

昼過ぎにやっとこさ大館駅に到着です。
駅前を見渡すと食事どころはなく、名物の駅弁である鳥飯を駅の待合室でいただきました。
IMG_20170627_122954.jpg

駅前には「忠犬ハチ公」の銅像が鎮座しています。
そうここは秋田犬のふるさとなのでありました。
ちなみに後ろの建物に駅弁のお店が近々オープンするので、食事はできそうです。
IMG_20170627_123012.jpg

大館の中心街に30分ほどかけて歩いて行くことにしましょう。
川を渡る時に山肌に「大」の字が見えます。大文字焼きでしょうか。
後で調べたら、旧盆に「大文字まつり」が行われ、河川敷では花火が打上げられるそうです。
IMG_20170627_131524.jpg

大館城の堀池に到達しました。城の風情を残すのはこの辺りだけでしょうか。
IMG_20170627_132821.jpg

内側はやはり土塁で固められています。
秋田に移った佐竹氏の分家が統治し、明治維新まで続きました。
IMG_20170627_132908.jpg

本丸には樹齢数百年と思われる立派な柳の木が植えられています。
IMG_20170627_133110.jpg

かつての大手口にあった堀は今では道路となっていて、そこに架けられた朱塗りの橋を渡ります。
そこにはなんと、秋田犬博物館がありました。
入場料は200円との記述でしたが、料金所もないのでそのまま見学してしまいました。
IMG_20170627_134030.jpg

最後に住宅地の奥の方まで歩いて行くと、スマホに「真田幸村の墓」という表示が現れました。
墓場の中を探すと、中心部にメンテナンス工事中の由緒ありげなお墓が3つありました。
左端の墓石には「信濃国・・・ 真田左衛門佐幸村」の文字が見てとれました。
ここ大館にも江戸時代?に熱烈なファンがいた証なのでありましょうね。
IMG_20170627_141458.jpg

スポンサーサイト

2017/07/08 09:36 |街道をゆくCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

東北の城下町を歩く:由利本荘

鶴岡に泊まった翌日は、羽越本線を各駅停車で北上し羽後本荘駅で下車します。
1度は訪れたかった町ですが、駅前はパッとしませんね。
IMG_20170626_104417.jpg

駅から歩くこと10分くらいでお堀が見えてきました。
IMG_20170626_105807.jpg

これはこれは立派な大手門が復元してありました。
IMG_20170626_110048.jpg

最上氏の改易後は一時期は幕府の重臣:本多正純が5万5千石で左遷されてきましたが、
それ以降は六郷氏が明治維新まで2万2千石で入封しました。
IMG_20170626_110129.jpg

さすが大名家、2万2千石でも本丸へ続くアプローチは荘厳な造りとなっています。
IMG_20170626_110317.jpg

登って行くと、櫓風のものや城壁が再現してありました。
IMG_20170626_110735.jpg

小高いところにはかつて鉄砲櫓と称される建造物があったようです。
向こうの三の丸に見えるのは由利本荘市の市庁舎であります。多分そこが居館であったのでしょう。
IMG_20170626_111136.jpg

本丸中心部は本荘神社となっていました。
IMG_20170626_111312.jpg

やはり本丸からは城下町が一望できますね。
IMG_20170626_111558.jpg

本丸の反対側の崖を下りて行くと堀というか池があり、その向こうに見える建物は温泉施設でありました。
午前中ではありますが、大勢のご老人がくつろいでいました。
IMG_20170626_112458.jpg

2017/07/02 09:25 |街道をゆくCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

東北の城下町を歩く:鶴岡

ほぼ1ケ月ぶりの更新となりました。
横浜は梅雨真っ最中ですが、北の方はまだ爽やかではと思い東北地方の城下町をめぐってきました。
上越新幹線で新潟を経由して、最初に降り立ったのは山形県の鶴岡です。
「城めぐり」を始める前に訪れたことはありますが、じっくり歩くのは初めてです。
IMG_20170625_142445.jpg

かつての徳川四天王・酒井氏の居城「鶴ヶ岡城」の本丸は荘内神社となっていました。
IMG_20170625_153322.jpg

その隣には当地の出身である「藤沢周平記念館」があります。ああここ前回訪れましたね。
IMG_20170625_153644.jpg

明治維新の賊軍でしたので、城は破却されこのような石碑が残るのみです。
IMG_20170625_153912.jpg

内堀にはあやめが敷き詰められ、美しい景色となっています。
IMG_20170625_155743.jpg

堀の内側は石垣ではなく土塁であり、東北のお城の主流の形となっています。
石垣はとてもお金がかかるので、東北らしい質素さの表れですね。
IMG_20170625_160042.jpg

こちらも整備された内堀です。
IMG_20170625_160506.jpg

外堀の内側に散歩コースがあったので、歩いてみました。
桜の季節はさぞかし美しいことでしょう。
IMG_20170625_160755.jpg

グルッと1周してくると、本丸の南側には「大寶館」という郷土出身の偉人たちを称える資料館がありました。
大正天皇の即位を記念して大正4年(1915)に建てられたという洋風建築が見事です。
入場は無料でありました。太っ腹!
IMG_20170625_161242.jpg

駅前のホテルを予約していたので、駅に戻る道すがら西郷さんの「敬天愛人」の文字を見つけました。
明治維新の際に官軍に攻め込まれた鶴岡は、西郷さんの温情で会津のようにならなかったことで、
今でも西郷さんを慕う方がいらっしゃるのでしょう。
ちなみに左手に見えるのが市庁舎であります。
IMG_20170625_161802.jpg

2017/06/28 20:58 |街道をゆくCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

世界遺産:富岡製糸場

遅ればせながら、世界遺産の「富岡製糸場」へ行ってきました。
横浜からはわりと近い高崎のちょっと先ですが、なかなか行く機会がありませんでした。
高崎からローカルの上信電鉄に乗り換えます。
おや、割引切符を売ってました。
片道790円×2+入場料1000円=2580円ですから、440円お得ですね。
IMG_20170127_112603.jpg

比較的新しい車両で乗り心地よかったです。
IMG_20170127_120103.jpg

上州富岡駅で下車します。世界遺産になって駅舎もリニューアルしたのでしょう。
IMG_20170127_120233.jpg

丁度昼時だったので、製糸場に行く途中でお店を探していたら私の好みの洋食屋さんがありました。
名前も「急行食堂」とは、いい雰囲気ですね。
IMG_20170127_123835.jpg

注文したのは、この昭和の香りがするオムライス。美味しかった700円也。
こういう風情が地方都市のいいところです。
IMG_20170127_123046.jpg

古い商店街を抜けて行きます。
IMG_20170127_124448.jpg

歩くこと10分くらいで「富岡製糸場」の正面に着きました。
IMG_20170127_125243.jpg

これが国宝となった「東置繭所」であります。
IMG_20170127_125613.jpg

こちらは「女工館」、日本人女工に教えるために来日したフランス人女性教師の宿舎です。
IMG_20170127_131455.jpg

こちらも国宝の「操糸所」です。機械には全てビニールが被せてありますね。
IMG_20170127_131910.jpg

診療所です。畳の休憩室などもありました。
IMG_20170127_132107.jpg

ぐるっと回り込んだところには、寄宿舎の建屋もあります。
IMG_20170127_132554.jpg

さて、置繭所に戻って2階をのぞいてみましょう。
IMG_20170127_133105.jpg

廊下が続いてます。
IMG_20170127_133325.jpg

2階は生糸の保管倉庫だったようです。
建物は木造の柱にレンガを積み上げた構造です。
IMG_20170127_133516.jpg

明治の建物が、よくぞ平成のこの時期まで残されていたことに感心しました。
IMG_20170127_134151.jpg

富岡を後にして、次は高崎から北陸新幹線で30分「真田丸」のほとぼりも覚めた上田を訪れてみました。
駅にも六文銭があしらってあります。
IMG_20170127_163853.jpg

5年ぶりの「真田幸村」像との再会であります。
IMG_20170127_164004.jpg

駅前のホテルにチェックインして、夕食をとりに出かけました。
フロントのお嬢さんに紹介された肉うどんの「中村屋」です。
こちらも私好みの雰囲気がしていますね。
IMG_20170127_180222.jpg

単品以外では唯一の定食である「肉うどんと天丼」セットであります。
この濃い色の肉はなんと馬肉でした。甘辛く煮込んであり、やわらくて美味しかった。
上田に来たなら、ぜひ食べてみてください。オススメです。
IMG_20170127_174933.jpg

2017/01/31 09:14 |街道をゆくCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

函館はまだ寒かった

今年3度目の北海道行きとなりました。
今回はせっかくですから帰りは飛行機を使わず、函館から北海道新幹線に乗ってみましょう。
梅雨の無い北海道でも雨は降ります。
札幌で所用を済ませ、駅前のホテルに1泊しました。
IMG_20160613_160221.jpg

翌日、北海道新幹線に乗るために特急北斗8号に乗り込み函館へ移動します。
車内はガラガラでした。
IMG_20160614_105629.jpg

札幌から函館までは4時間の長旅ですが、人もいないので4席分を1人で使いすっかりリラックスムードです。
自分の部屋で移動しているような気分で、ネットをしながら全く退屈しませんでした。
IMG_20160614_105356.jpg

函館駅に到着。やはり観光客が増えています、特にアジア系外国人が半数以上です。
待合席も一杯で、危惧していたとおり新幹線が来るとどの地域も俗化してしまいますね。
新幹線は途中の新函館北斗駅で乗車ですが、せっかくだから函館でも1泊しましょう。
IMG_20160614_133131.jpg

本日宿泊する港の近くのウィニングホテルです。
ここは2,3Fのフロアがなんと「北島三郎記念館」となっています。
IMG_20160614_173410.jpg

入場料1530円のところを宿泊客は1300円にしてくれるということで、早速入ってみました。
函館の高校に通っていた頃のジオラマが再現してあり、若い美人の案内嬢さんが説明してくれます。
IMG_20160614_170358.jpg

サブちゃんのレコードジャケット全てが展示してありました。
IMG_20160614_171514.jpg

左からレコード大賞新人賞、歌唱賞、大賞の盾です。金銀銅の3冠ですね。
持ち馬も菊花賞や天皇賞を獲って、強い運に恵まれた人なのですね。
3Fは紅白歌合戦での「祭り」を歌う大掛かりな仕掛けがありましたが、撮影は禁止でした。
IMG_20160614_171801.jpg

ホテルの正面の波止場にはなぜか新島襄の銅像などもありました。
大河「八重の桜」の影響でしょうか。
IMG_20160614_173607.jpg

夕食をとりに金森倉庫の方まで歩いて行きましたが、今日は函館山も雲で霞んでいます。
今まで何度も函館に来ていますが、まだ1度も山頂からの夜景や風景を見たことがありません。
今夜もダメなようですね。次回の楽しみに取っておきましょう。
IMG_20160614_174015.jpg

翌日のホテルの朝食です。函館名物「イカ刺し」は必須ですね。
他のホテルのようにバイキングではありませんが、こちらの方が落ち着いて食べられます。
IMG_20160615_070621.jpg

レストランは最上階なので港から駅までが一望できます。
左側に小さいですが五稜郭タワーも確認できます。
IMG_20160615_070241.jpg

さて、新幹線に乗るために先ずは函館駅に向かいます。
今日も函館山は曇っています。
IMG_20160615_090447.jpg

高田屋嘉兵衛ゆかりの蔵も記念館になっていますね。
IMG_20160615_091152.jpg

そして函館駅から20分接続列車に乗り、いよいよ北海道新幹線「はやぶさ18号」に乗り込みます。
東京駅まで約4時間、飛行機では味わえない移動の楽しみを満喫した次第です。
IMG_20160615_103658.jpg

北海道の旅おわり。

2016/06/17 09:39 |街道をゆくCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。