大河の日日

「大河ドラマ」の感想・思い出と「城めぐり」や「街道歩き」の紀行文

Category [江 ] 記事一覧

「江」がやっと終わりましたね

明日日曜日、「歴史能力検定1級日本史」を受験します。10月くらいから徐々に勉強していますが、なにせ範囲が古代から現代までと広い。重箱の隅をほじくるような問題がでますから、果たして結果はいかに。きっかけは4年前に娘から「お父さん歴史に詳しいから受験してみたら?」と勧められたことから。先ずは手始めに「3級日本史」から。これは難なくクリアできました。次に一昨年「2級日本史」にトライ。娘の教科書「高校日本...

国家安康・君臣豊楽

今夜の「江」は林羅山も金地院崇伝も全く出番がなく、家康と本多正純とで方広寺の鐘銘事件が処理されていましたね。いくら「坂の上の雲」が待っているとはいえ、あまりにもハショリ過ぎではないでしょうか?江や秀忠は平和主義で家康だけが豊臣つぶしでシャカリキになっているという構図ですね。まあ、それは田渕さんの脚本だから大目に見て、今夜は片桐且元役に注目しました。今回はなんと三田村邦彦さんですね。三田村さんと言え...

今年の「江」のテーマ

前回「江戸の鬼」を振り返ってみて、なんとなく見えてきました。今年「江」を通じて田渕久美子さんが書きたかったテーマというものが・・・。要するに田渕さんは戦国版「細うで繁盛記」を描きたかったのではないでしょうか。ご存知ない方のためにこちら⇒ 『細うで繁盛記』大姥局(加賀まりこ)が出てきて、ハタと気付きました。この人は「細うで繁盛記」の富士真奈美さんの役どころなんだとね。主役の加代(新珠三千代さん)をイ...

羽柴完子(さだこ)

先週の「江」では、夫の秀勝が朝鮮で亡くなり、それと同時に女の子も生まれました。なかなかドラマチックな回になるはずでしたが、秀勝の亡くなり方があれでいいんでしょうか。武将としてはなんとも情けないような最後で、あんなことではいかに歴女といえども感激はせんのでは。朝鮮の農民を守って配下の者に斬られたのでは、あまりにも秀勝がミジメじゃありませんかねえ。従来あまりスポットライトが当たらなかった羽柴秀勝に今回...

関白秀吉

今夜の「江」は久ぶりに面白い展開でしたね。やっぱり足利義昭役の和泉元彌さん、もう1度出てきました。1回こっきりではもったいないと思ってましたが、さすがの存在感を示しました。和泉さんの新境地を見た思いです。和泉さんのこのキャラ決して嫌いではありません。どちらかと言えば好きです。過去の伊丹十三さんや玉置浩二さんに匹敵する好演だったのではないでしょうか。できればここ一番でもう1回くらい出番をお願いしたい...

ご案内

プロフィール

柴 銑次郎(通称しばせん)

Author:柴 銑次郎(通称しばせん)
大河ドラマ大好き。
小学生の時に第1作「花の生涯」を見てから、すでに半世紀。
日本のドラマ作りの執念が、作品1つ1つに凝縮されています。
リアルタイムに見続けた感動を後世に伝えるのが私の使命と信じています。

最新記事

FC2カウンター

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード