FC2ブログ
GOTOキャンペーンを利用して車で東北を縦断し、最果ての「龍飛崎」まで行ってきました。
横浜からストレートではきついので、途中福島の「飯坂温泉」に1泊しました。
明治の古い建築が残る「ほりえや旅館」に泊まりました。2階の左端の部屋でした。IMG_20200830_172330.jpg
この旅館の真ん前が温泉発祥の地なのですね。
「おくのほそ道」を歩いた時も違う旅館に泊まりましたが、ここの湯は熱いのですよね。
水で薄めないと入れないのです。今回も同じでした。
IMG_20200830_172503.jpg
隣は共同湯の「鯖湖湯」でした。旅館の湯に入ったので、使いませんでした。
IMG_20200830_172525.jpg
翌日は青森市内まで足を延ばしましたが、途中十和田湖に寄ってみました。
IMG_20200831_144051.jpg
洞爺湖や屈斜路湖と同じカルデラ湖という感じです。
IMG_20200831_150026.jpg
高村光太郎の「乙女の像」だそうです。
二人いますが、どちらも智恵子です。
IMG_20200831_150504.jpg
近くに溶岩がせり出した跡が残っていました。
IMG_20200831_150934.jpg
青森に泊まり3日目に「龍飛崎」に行く途中に「三厩(みんまや)駅」を発見しました。
IMG_20200901_114426.jpg
JR津軽線の最果ての駅です。寂寥感がすごいです。
IMG_20200901_114642.jpg
これより先に駅はない、という証です。
IMG_20200901_114717.jpg
かつてはここから先も鉄路があったのでしょうが、今では草に覆われています。
IMG_20200901_114743.jpg
青森市内から2時間、この下には青函トンネルがあるのでしょうか。
IMG_20200901_121454.jpg
突端には灯台があります。
IMG_20200901_121546.jpg
険しい谷の向こうは津軽海峡です。
IMG_20200901_121635.jpg
眼前には北海道の松前半島が広がっていました。感激!
IMG_20200901_121704.jpg
行き交う船も見えます。
IMG_20200901_121808.jpg
近くには有名な「階段国道」がありました。
IMG_20200901_123507.jpg
車は通れませんが、れっきとした国道339号線です。
IMG_20200901_123520.jpg
地理的な最北端はあそこですが、眺めはここからの方が抜群でしょうね。
IMG_20200901_123955.jpg
そうそうこれこれ、真ん中の赤いボタンを押すと石川さゆりの「津軽海峡冬景色」が流れてきました。もう最高!
IMG_20200901_124033.jpg
この日は岩手の八幡平に1泊し、福島でもう1泊して横浜に帰ってきました。
帰り着いたら車の走行距離は1900キロにもなっていました。
スポンサーサイト



中国地方を中心にあちこち寄ってきました。
言わずと知れた広島の「原爆ドーム」ですね。
IMG_20200602_180053.jpg
ホテルの部屋からもドームが見えました。
宿泊客は少なかったですね。泊まった日が再開初日だと言ってました。
IMG_20200602_181141.jpg
こちらは岩国の「錦帯橋」です。
IMG_20200603_110110.jpg
山の上には岩国城が見えます。
IMG_20200603_110615.jpg
訪れたのは2回目ですが、錦帯橋だけではなく周りも意外と見どころがありました。
ただお店のほとんどは営業していませんでした。
IMG_20200603_114951.jpg
この噴水はダイナミックでした。
IMG_20200603_122006.jpg
こちらは防府の毛利邸です。
IMG_20200617_150624.jpg
なかなか見事な庭園でした。手入れが大変でしょう。
IMG_20200617_151559.jpg
高台にあるので、2階からの眺めは絶景でした。
IMG_20200617_153436.jpg
お殿様が座る座敷でしょうか。
IMG_20200617_153624.jpg
ここは明治の元勲の井上馨が元主人の毛利家のために建てた隠居所だそうです。
IMG_20200617_154032.jpg
今で言うところの「ポツンと1軒家」ですね。
IMG_20200617_154450.jpg
こちらは倉敷の「アイビースクエア」、数十年ぶりに泊まりました。
内装がきれいになり、スパまでありました。
IMG_20200626_181113.jpg
美観地区の方に出ると、こんな感じ。
IMG_20200626_182146.jpg
なかなか風情がありますが、観光客もおらずお店もあまり開いてません。
IMG_20200626_182618.jpg
いい街並みなのですが、ちと淋しい。
IMG_20200626_183841.jpg
2020.05.31 旅に出ます
緊急事態宣言も解除されたので、6月より1か月ほど旅に出ます。
しばらくお休みして、帰宅後にアップします。
こちらは去年訪れた山口県の角島大橋
IMG_20190408_150546.jpg
2020.05.06 長浜城
翌日は大垣から長浜に向かいました。
長浜駅前にある「三献茶」の銅像です。
これは長浜城主だった秀吉が、まだ少年であった石田三成を見出した時の逸話をシンボル化しています。
鷹狩の途中で、偶然立ち寄った秀吉に1回目はのどが渇いているだろうとぬるいお茶を出し、
2回目はやや熱くし、3回目はとっても熱いお茶を出した三成の利発さが気に入ったというお話です。
IMG_20200215_101642.jpg
北国街道で賑わった長浜の街並みがありました。
IMG_20200215_130028.jpg
琵琶湖の湖畔に建つ長浜城に寄ってみました。
これは歴史資料館になっている模擬天守ですね。
IMG_20200215_141719.jpg
模擬とはいえ、なかなかの風格です。
IMG_20200215_141905.jpg
このあたりに本物の天守はあったようです。
IMG_20200215_143902.jpg
模擬天守からは琵琶湖や生駒山が望まれ、絶景でした。
IMG_20200215_142524.jpg
「太閤井戸」とありますから、水没した古井戸ですね。
IMG_20200215_144309.jpg
ニセモノとは言っても、長くそこにあると威厳が出てくるものです。
IMG_20200215_145023.jpg
2020.04.30 墨俣一夜城
ちょっと間が空きましたが、コロナ騒ぎの前2月に各駅停車で岐阜と滋賀を回ってきました。
いつもの「城めぐり」であります。
富士駅手前で大きな富士山が見えました。
IMG_20200214_102837.jpg
横浜から6時間かけて岐阜に到着。黄金の信長公が迎えてくれます。
IMG_20200214_145440.jpg
岐阜駅からはバスで30分、墨俣へ到着です。
IMG_20200214_153615.jpg
墨俣は東海道と中山道を結ぶ美濃路の宿場だったのですね。
IMG_20200214_154247.jpg
大名も泊まれるようなちゃんとした本陣があったのです。
IMG_20200214_154554.jpg
長良川の岸辺に行くと、豊臣秀吉の出世譚に出てくる「墨俣一夜城」がありました。
IMG_20200214_155004.jpg
この天守閣は資料館ということで、ご勘弁ください。
実際は木材で築かれた砦のようなものだったのでしょう。
IMG_20200214_155158.jpg
地理的には岐阜城の喉元に突き出た出城ということがよく分かりました。
IMG_20200214_155438.jpg
資料館の最上階からは長良川の向こうの岐阜の街並みと正面の小高い山にある岐阜城が手に取るように見えます。
信長に対抗する勢力であった岐阜城の斎藤竜興にとっては脅威だったことでしょう。
IMG_20200214_162425.jpg
桜のシーズンだったら並木が美しかっただろうと思いながら、今宵の宿である大垣へ向かいました。
IMG_20200214_163547.jpg